FC2ブログ

椿原住宅設備スタッフブログ

八女市黒木町の椿原住宅設備のスタッフブログです。

9月26日

歌が大好きなガスです


聴くのももちろん、歌うのもかなり好きですストレス発散??にもなるし

歌うと心地よくなります。

9歳ころから20歳になるまで、ガスは民謡を習っていました。

日本民謡協会に所属し、大会ではいろいろな所へ飛んでおりました

ガスは小さなころから、カラダがあまり強いほうではなく、幼かった当時忙しい母と

なかなか一緒に過ごす時間もなかったという理由と複式呼吸はカラダに良いだろうということからと言う理由から

習っていました。

両親から受け継いだ声?のおかげと、

ガスは土壇場に強い性格から決勝に残り、賞を手にすることがほとんどでした。

高校を卒業するころ、熊本の先生に弟子入りする話もありましたが

ガスは今までの民謡界でのプレッシャーと自由に生きたいという想いから、いろいろな意味で

歌うことから遠ざかっていきました。

そんなとき、一人旅の途中で、たまたま行った湯布院の沖縄料理やさんで(今はないですよ~おばちゃんもあてのない

旅にいきました)毎月1回行われていた、「チャンプルナイト」

三線や、パーカッション、ギターなどなど。

主催者である、しんげんさんや、ろくさん、チャーリーさんに声をかけられハイ

ガスはみんなの歌を唄うのにほれぼれし、勝手に唄っていたのであります)

毎月湯布院のチャンプルナイトにはどんなに遅くなっても参加していました。

そして、とある芝居仲間の経営されるお店でも、

毎週仕事しながらですが、唄わせていただいていました。ガスは何でもききます。

洋楽も邦楽もクラシックもレゲエも島唄も。

そんななか去年は、人の勧めで八女市のお祭り「あかりとちゃっぽんぽん」

中に開催されるカラオケ大会へでました。民謡以外の大会は初めてでした。

大会近くまで沖縄の歌手古謝美佐子さんの「童子神」を唄うことに決まっていました。

・・・・というのもみんなが元気になるよ!癒されるよ~とお店のお客さまに

いわれていたのでみんなが喜ぶならうれしいなと思っていました。

。。。ですがのことで堕ちに堕ちていた私は 心から唄えなくなっていました。

そんなとき常連さんの中に演歌の先生がいらして、「好きな歌を唄ってごらん自分のために

今の心のままに唄って」と言われました。

ハッとしました。ガスは人がしあわせーと感じてくれるならそれが幸せでした。

だけど、自分がどうしようもなとき、自分のために唄うのもいいんじゃないかと。

そしてアンジェラ・アキの「This love]を気持ちよく唄えました。。。。結果、準優勝でした。

結果はともかく、3ケ所ひっかかり、すこぉ~しだけそれが悔やまれたのです

それで今月26日(日)再チャレンジします!!
もう一度、同じ「This love」で気持ちよくなってきま~す!!
長いブログになったな。。。。。
[ 2010/09/03 15:48 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する